弁護士は特別な存在

業務上

交通事故に遭ってしまうと、怪我など身体的な損害を筆頭に持ち物が壊れたり
収入の減少、精神面でのダメージといろいろな損害を被ります。


この損害分について、相手方に賠償金を請求するのが損害賠償請求です。
交通事故の損害賠償請求では、治療費や物損の買い替え・修理費用、休業補償、慰謝料など
実際の損害額を項目ごとに計算し、その金額に過失割合を適用の上で相手方に請求します。

過失割合というのは、その交通事故が起こった時に当事者において
どちらにどの程度の不注意や落ち度などがあったかを数字で示すものです。

損害賠償請求では、実際に被った損害額のうち自分の過失割合分にあたる金額は
差し引きをして相手に請求することになっています。この仕組みを、業務上過失相殺と言います。

つまり、自分の過失割合が大きいと、業務上過失相殺によって請求できる賠償金の額が減ってしまうことになります。

過失割合は、交通事故を警察に届けた時に行われる実況見分を参考に示談交渉で決定されます。
示談交渉では相手の保険会社と話し合いをしますが、被害者は知識に乏しいことが多いので
交通事故に遭ってしまったらすぐに弁護士に相談しておくことで、過失割合の決定についても
有利なアドバイスがもらえて安心です。

banner

自分にも過失割合があるとされ、業務上過失相殺の交通事故にあたる場合は
弁護士のサポートがないと相手の保険会社のペースで示談交渉が進められ、
実際にはもっと多くの賠償金が請求できるケースでも安い賠償金で
示談に応じてしまうと被害者は大きな損をしてしまいます。

交通事故が得意な弁護士は被害者の受け取る賠償金の最大限の引き上げに
尽力してくれますので、できるだけ早い段階で弁護士相談をして
味方についてもらうのが一番です。