弁護士は特別な存在

示談金

交通事故の問題を解決するには示談金を確定させることが必要になります。
しかし被害者にとってはなるべく多くもらいたい、加害者にとってはあまり支払いたくないという
差があるため、場合によってはこの金額が上手く決まらず、いつまでも交通事故が解決できないというケースもあるでしょう。


そういった際に解決策として覚えておきたいのが弁護士の利用です。
弁護士は法律問題解決の専門家であり、交通事故というのは当然ながら法律に関する問題です。


そのため弁護士であれば法律やこれまでの判例といった情報を元に、それぞれのケースに最もふさわしい金額の提示をしてくれるのです。


交通事故が発生して加害者が被害者が顔を合わせると、お互いに冷静さを欠いてしまうケースも少なからずありますから
この際にも客観的な立場から話を仲裁してくれる弁護士がいることの意義は大きいでしょう。


また別の観点からすると、弁護士に依頼をしておけば示談金の交渉が全くまとまらなかったとしても
調停や裁判といった方法で決着を付けることが可能です。


実際のところ、裁判までもつれこむ交通事故と言うのは全体の1割も無い程度ですが、
お互いの議論がまとまらず、また妥協もできないということであればこういったことを考える必要もあるでしょう。

banner


弁護士への依頼料についても示談金が支払われたのちにそこから一定の割合で算出されることが多いですから
「報酬が高そうで依頼できない」と考えるのではなく、まずは相談をしてみましょう。