弁護士は特別な存在

民事責任

 交通事故の被害者となり、加害者が起訴もされず、示談交渉となった場合、
被害者が個人で交渉していると、加害者側から驚くような過失割合を
主張されることがあります。


過失割合は、損害賠償金額を決める際の重要な数字です。
被害者が過失ゼロの場合は、損害賠償の全項目を合計した金額全額が
支払われますが、被害者も過失があるとされ、過失割合がゼロでない場合は
その過失割合分が損害賠償金額全体から差し引かれます。

banner

医療費や休業補償も含めた全額からその割合が減額されるわけですから、相当大きな金額となります。
被害者が過失ゼロ、つまりその交通事故に対して民事責任がまったくないと考えていても
加害者側は判例なども一切無視した過失割合を主張し、頑として変えようとしないことがあります。
被害者が個人で交渉している場合は、日常茶飯事です。

  過失割合で合意に至らなかったら、示談は到底成立しません。
加害者側は、被害者が根負けするのを待っているようなところもあります。


そうした場合は、交通事故専門の弁護士に相談することです。
交通事故専門の弁護士は、過失割合を即座に判断できます。

裁判になった場合、どういう判断が下されるか熟知しているため、一歩も引かずに交渉します。
加害者側が任意保険会社であれば、会社の顧問弁護士が、裁判費用の支払い命令まで出るのを避けるため、
そうした弁護士が被害者についた段階で、妥当な過失割合で示談しようとするものです。